これを食べた殿様が呟いた一言から名前が付いた、大分県の名物「鯛茶漬け」は?

 

大分県のある「鯛茶漬け」にはこんなエピソードがあります。その昔、江戸時代の末頃、杵築城の能見松平家のお殿様が体調を崩され食欲がない時に、当時の大谷屋の鯛茶漬けを連日出され、召し上がっていました。その時にお殿様がつぶやいた一言が今でも語られ、使われています。

続きを表示