三重県桑名市の名産「しぐれはまぐり」を命名した、江戸時代中期の俳人とは?

 

しぐれはまぐり(時雨蛤)は、三重県桑名市で製造される蛤の佃煮のことです。もともとは煮蛤と呼ばれていましたが、なぜしぐれはまぐりと呼ばれるようになったのでしょうか。しぐれはまぐりの命名者や美味しい食べ方、桑名市の魅力についてご紹介します。

続きを表示