福島の人が愛してやまない郷土料理、いかにんじんとは?

 

いかにんじんは福島県の料理です。その歴史は古く、食べられるようになってから少なくとも100年以上は経っているといわれています。また、いかにんじんはその名前の通り、スルメイカとにんじんを使用するのですが、同じようにスルメイカやにんじんを使うものとして、北海道の松前漬けがあります。いかにんじんは、この松前漬けのルーツとなったという説もあるのです。ここでは、福島県で昔から愛されてきた郷土料理、いかにんじんの歴史やレシピなどについて紹介します。

続きを表示