京都市のそば屋『松葉』が元祖とされる、ある魚を乗せた京都の名物そばは?

 

京都府を代表する蕎麦をご紹介します。松葉という蕎麦屋さんが、柔らかく炊き上げたある魚と、蕎麦を組み合わせたことで生まれた料理で、京都では年越しの際に食べる蕎麦として知られます。ここではそのそばの魅力を紹介していきます。

続きを表示