兵庫県などでよくとれる魚「いかなご」を使った瀬戸内海東部沿岸部の料理は?

 

「いかなご」は兵庫県瀬戸内海沿岸で獲れる魚で、形がかますに似ていることからカマスゴと呼ばれることもある魚です。全国に分布していることもあり、地方によってその呼び名もさまざま。兵庫県の神戸や明石の近辺では、いかなごの稚魚を「しんこ(新子)」、成魚を「古背(ふるせ)」と呼ばれています。そのいかなごのおいしい料理とは一体何でしょう。

続きを表示